トップページ > Introduction

ELEGGUA Entertainmentとは

ELEGGUA EntertainmentとはELEGGUA Entertainmentは国内外でのLatinをメインとするパフォーマンス活動をプロとして行っていくELEGGUA Dance Companyと、サルサを全く知らない初心者から、クラブでソーシャル(フリーダンス)を楽しむ中上級者、また観客の前で踊るパフォーマーを育成するELEGGUA Dance Schoolの二つの活動を行っています。

SchoolとCompanyの二つの活動を行うことで、サルサやラテンだけではなくダンスを全く知らない初心者から、ハードコアな上級者、さらにパフォーマーまでが力いっぱい学び、表現する場を提供して行く場所を作ります。

 

また外からの視点では観客が色々なストレスのある日常を忘れて、数分間パフォーマンスの世界にわが身を委ねて楽しめるそんなEntertainment を提供できること、それがELEGGUA Entertainmentのコンセプトです。

ELEGGUA Dance School

ELEGGUA Dance Schoolまるでサルサを知らない初心者の方には、アシスタントがとにかく楽しい!続けたい!と思えるように楽しくレッスンを行います。  少しサルサが何かを分かってきた初級者からは、踊ったことのない方が踊る体を作るための基本をしっかり指導します。

美しい動きは全て理にかなっており、一番初めの土台をしっかり作れば、その後の中級、上級に向かう時に、ステップやパターンの難易度をこなす力につながります。と同時に、日本では文化的にダンスを習う時には「正しい型」「基本」にこだわりすぎて、音楽を聴いた時に個々人が心で感じ、表現したい方法を引き出すことが難しい場合があります。音楽を聴いて各個人が人とは違う形で表現を自由にして見たいと思うこと。これこそが踊る心であると信じています。

踊る技術や知識が中級者、中上級者ほど、自由に表現する自由を手にしているはずなのに、逆に知識や経験がその自由を奪う結果に陥ることも少なくありません。
初心、初級、初中級、中級、中上級、それぞれのレベルにおいて、表現の自由と踊りに必要な技術の完璧な融合を指導することが、ELEGGUA Dance Schoolのチャレンジです。

ELEGGUA Dance Company

ELEGGUA Dance Companyでは、Schoolで技術的な基本や表現するということを十分に学んだ方が、趣味の域から出てプロの活動をして行く場所です。

 

日本だけではなく海外にも活動の場を広げ、楽曲の本質を捉えながらそこにまた世界観への広がりを表現することを目的に活動をして行きます。

Director リョウコのプロフィール

profile 本名:大原亮子
1973年11月25日生
大阪府出身/同志社大学法学部卒業


8歳のときよりバレエを初め、高校3年時渡英 ENGLISH NATIONAL BALLET SCHOOLに入学。留学時にROYAL THEATREにて上演中であったミュージカルMISS SAIGONのオーディションに仮合格し、MISS SAIGON VOCAL SCHOOLに編入するが、膝膝蓋骨骨折によりミュージカルと共に、バレエのキャリアも断念する。

’97年サルサに出会い、LOS SALSEROS、LA BOMBAに所属し、2000年に前パートナーRYUと共に、RYOKO&RYUを結成。
‘03年5月ウエスト・コースト・サルサ・コングレスでは、そのダンスの技術・表現・ユーモアのセンスを大きく評価され、アジアで初めてベスト・ダンサー賞を受賞。

ペア活動中には、日本人離れした表現力、テクニックを評価され、国内外を問わず出演依頼、ワークショップの依頼を受け、アメリカはLA・サンフランシスコ・ワシントン、アジアでは香港・北京・台湾・韓国、オセアニアではオーストラリア・ニュージーランドなどのサルサコングレスなどでゲストダンサーとして出演、ペア活動中にプロデュースしたWASABIは世界でも高い評価を受け、数々の海外コングレスに出演。

 

RYOKOのバレエの理論をサルサ用に発展させたインテンシブクラス・メソードには定評があり、現在日本でプロとして活躍する多くのペア、またチームで活動するサルサダンサーの中にはこのクラスの卒業生が多い。

 

2006年日テレで放送された『シャルウィダンス~異種ダンスバトル~』では、タレントのKABA.ちゃんとペアを組み、見事優勝を勝ち取った。

 

RYOKOのSALSAは、強い軸に裏打ちされたテクニック、優雅なアームスの動き、正確なフォローと、独特のエレガントでありながらワイルドなスタイリングに定評がある。

取材

新聞 東京新聞、中日新聞、デイリー読売、夕刊フジ、他 (RYOKOの6連載のコラムが全国20誌に連載される)
雑誌 講談社『FRAU』 、マガジンハウス『Tarzan』、講談社『東京1週間』、 朝日新聞社『週刊朝日』、『Dish』、日経ホーム出版社『日経トレンディ』、毎日新聞社『サンデー毎日』、集英社『BAILA』、白夜書房『ダンスファン』、白夜書房『ラテンダンス』、海外(米)にて『Latin Beat Magazine』他
TV テレビ朝日『トゥナイト2』 、NTV 『ウッチャンナンチャンのウリナリ』、TBS『ニュースの森』、CBC 『CBCニュース』、TBS『王様のお夜食』、日テレ『シャルウィダンス』